ミドルエイジのメグミさん。

メグミさんが日常を気ままにつぶやきます。

スポンサーリンク

アイメイクはやりすぎない方がいい。

f:id:megstyle39:20180524174004j:plain

 

アイメイクに力を入れる女性は、

少なくない。

 

若いお嬢さんには、

アイプチっぽいもので二重にするという、

涙ぐましい努力もみられる。

 

アラフィフ女性はどうだろうか。

 

アイシャドウ、アイライン、マスカラ。


フル活用派ですか?
それとも、どれかだけ?

 

フル活用でも、どれかだけでも、

もちろんOK。

だって、自由ですもん。

 

だけど、

やりすぎには気をつけた方が良いかも。

 

 

マスカラにはじまり、

つけマ(つけまつ毛)、まつエクなど、

まつ毛に力を入れる女性は多い。

 

まつ毛が長くてフサフサだと

目が大きく見え、目力が出るからだろうか。

 

それとも、目が大きい=かわいい、

綺麗という認識なのだろうか。

 

 

世の女性の、

目を大きく見せたい願望は大きいのだ。


黒目を大きく見せるカラコンなんてのもあるくらいだし。

 

 

メグミさんも若かりし頃は、

結構アイメイクばっちり派だった。


でも、年齢を重ねるにつれて、

too muchなアイメイクがちょっと気になりだした。

 


例えばマスカラ。
あんまり盛りすぎない方が綺麗だと思いますよ。


盛れば、そりゃ目ははっきりするけれど、

まつ毛に清潔感がなくなる

 

塗ってます!感は、

できるだけ出ない方がいい。

 

 

先日、海外セレブの写真を見た。

 

f:id:megstyle39:20180524174711j:plain


「美しい」とされているセレブだったが、

アイメイクがバッチリすぎて、

もはや目が多足類の虫にしか見えなかった。

 

f:id:megstyle39:20180524174815j:plain

 

日本では、そこまでアイメイクがっつりの女性は少ないが、ゼロではない。


美意識の象徴のような女性のアイメイクには、酔いそうになる。


遠目からでもまつ毛が主張して見えるなら、それはあきらかにやりすぎだろう。

 

アイメイクによる目力という主張の代わりに、失われるものは清潔感だ。

そこに透明感はない。

 

今日の格言
アイメイクは、多足類の虫になるべからず。

 

 

*応援クリックplease!*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村