ミドルエイジのメグミさん。

メグミさんが日常を気ままにつぶやきます。

スポンサーリンク

我慢や忍耐を美化しすぎない方が良い。

f:id:megstyle39:20180704192256j:plain

 

今は昔ほどではないのかもしれないが、

日本では、とかく「我慢」や「忍耐」を美徳とする傾向がある。

 

メグミさんは、20代の頃、父によくこんな話を聞かされたものだ。

 

「今日会ったばあちゃんはな、ずっと●●で働いとったらしい。

いじめられて、毎日毎日泣いとったんだと。

それでも耐えて定年まで勤め上げたから、今は良いわ。

毎日泣いて暮らしても、何十年も我慢して定年まで勤めて偉いわ。」

 

そのおばあちゃんの生き方を否定する気はないが、何がそこまで「偉い」のかさっぱりわかない。

 

見事定年まで勤め上げ、ちょっと楽になったとしよう。

で、仮に80年生きたとする。

 

そのうちの40年近くを、毎日泣いて暮らすんですよ?

 

どんな人生ですか。

それ、偉いんですか。

 

80年生きる保証もないし、定年からようやくHPPPYな生活のスタートですか?

 

おばあちゃんになってからできることって、若い頃より絶対少ないですやん。

 

と、当時も父親に反論した覚えがある。

 

「我慢」や「忍耐」がまったくないのも何だが、「我慢」「忍耐」を美化しすぎない方が良い。

 

我慢強い、忍耐強い人をやりすぎると、ある時パンと壊れることがある。

 

時には、逃げたって良いんですよ。

むしろ、逃げた方が良い時だってあるんです。

 

そんな時に「我慢が足りん」、「忍耐が足りん」と連呼して責めてくる人は、話が通じない宇宙人だと思うことにしましょう。

 

メグミさんは、我慢も忍耐も捨てることにしています。

もとい、捨てる練習をしています。

 

今年の計画書にも入っている。

 

megstyle39.hatenablog.jp

 

あ、でも、

あまりにも我慢も忍耐の欠片もない人は、少し覚えましょうね(´ω`)。

 

*応援クリックplease!*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村