ミドルエイジのメグミさん。

メグミさんが日常を気ままにつぶやきます。

スポンサーリンク

ミドルエイジと髪の色の落とし穴。

f:id:megstyle39:20180929164602j:plain

 

髪色は明るい方が若くみえる。

そう思っていませんか?

 

最近、ふと気が付いた。

 

ミドルエイジになったら、

髪の色はあまり明るすぎない方が良い。

 

主観ではあるが、

一定の時期を過ぎると、

髪色が明るすぎると余計に老けてみえる

 

更に、髪の傷みやパサつきも目立つ

 

腰まである伸ばしっぱなしのロングヘアーで、金髪の40歳過ぎの女性と同じ空間にいることがあった。

 

大きなお世話だが、

髪は傷みまくりで清潔感の欠片もない。

ゆえに若々しさもない。

 

一体どこに、40過ぎで痛みまくりの金髪ロングヘアーの需要があるのか。

自己満足と言えばそれまでだが...。うむ。

 

もし彼女が、ある程度髪を切り、ヘアケアに気を配っていたら、少しは違った印象になっていただろう。

 

これは極端な例だが、

ショートカットの女性でも、髪の色が明るすぎると老けて見える。

 

黒髪にしないのは、きっと、一般的には、ブラウンヘアーの方が軽やかに明るく見え、柔らかくみえるからだろう。

 

ただ、髪の明るさは考えた方がいい。

 

年齢に無理に抗わず、素敵に年を重ねたいとは思うが、「老けて見える」のは誰も望まないと思う。

 

若い時は、金髪だろうが、髪色が明るかろうが、印象は変われども、老けてみえるみえないにはつながらない。

 

だけど残念ながら、年齢は髪に現れるのだ。

髪の生え方、髪の太さ、髪質が変わってくる。

 

ミドルエイジになっても、若い頃と同じ髪色にしているとしたら、客観的に自分を見てみよう。違和感はない?

 

明るすぎない髪色の方が、

髪の傷みは目立たない。

 

ヘアカラーを少し暗めにして、

ヘアケアで潤いもキープ。

 

それだけで、今までより清潔感や品もあり、若々しく見えるかもですよ。

 

*応援クリックplease!*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村