ミドルエイジのメグミさん。

メグミさんが日常を気ままにつぶやきます。

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディは映画館でぜひ観て!これからクイーンを聴きはじめるだろう。

f:id:megstyle39:20181117214721j:plain

出典元:https://eiga.com/movie/89230/

 

 

ボヘミアン・ラプソディ」を観てきた。

 

伝説のバンド、クイーンと、

ボーカリストであるフレディマーキュリーの映画だ。

 

 

www.youtube.com

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト

 

 

クイーンが好きなのか、

フレディマーキュリーが好きなのかと言われると、実はそうでもなかった。

 

何せ「伝説のバンド」だから、

クイーンというバンド名も、

フレディマーキュリーという人も、

クイーンの有名曲も知っていたけれど、

ずっと特に興味がなかった。

 

 

それが、40才過ぎた頃からだろうか、

ふと耳に入ってきた

フレディマーキュリーの歌と歌声が、

急に”ちょっと気になる存在”になった。

 

 

そう言いつつも、なんだかんだで

ちゃんと聴かずにきちゃっていたところに、

この映画「ボヘミアン・ラプソディ」の上映。

 

 

ちょっとマニアックな映画好きな人に、

ボヘミアン・ラプソディがちょっと気になっている。」と話したら、

「あれは観に行くべきですよ!」と。

 

彼の言う、「映画館に観に行くべき理由」に説得力があった。

 

・役者さんがすごく頑張っている。

 

・伝説のチャリティライブ

”ライブエイド”の20分のパフォーマンスが、

カットされずに再現されている。

 

「ちょっと事実と違ったり、

つっこみどころはチョイチョイあれど、

それをさっぴいてもいい映画でした!!

最後の20分を観るだけでも価値があります。

是非観に行ってください!!」

 

普段割と辛口な人が

目を輝かせてのおススメ。

 

「ちなみに、映画の最初に出る

20世紀フォックスのタイトルもクイーン仕様になってますから、最初から見逃しちゃダメですよ!」とも教えてくれた。

 

 

 

色々感想はあれど、

やっぱりライブエイドの20分は素晴らしかった。

 

ウェンブリースタジアム

あたかも自分も一緒にいるような感覚にさせられる。

 

映画っていうのは、本当はどの映画も映画館で観た方が良いのだろうが、

この「ボヘミアン・ラプソディ」は、できれば是非、音響の良い映画館でどうぞ。

 

 

これから少しずつ

クイーンを聴いていこうと思っている。

 

多分、自分が今の年齢になったから、

フレディの歌声に何か感じるようになったんだと思うんだ。

 

年齢を重ねることによって、

昔はわからなかった、

ピンとこなかったことが

わかるようになることがしばしばある。

 

年を重ねるって、

悪いことばかりじゃない。

 

こういう時、そう思うかな。

 

 

*応援クリックplease!*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村