ミドルエイジのメグミさん。

メグミさんが日常を気ままにつぶやきます。

スポンサーリンク

1日3回、鏡を見て笑おう。笑顔の練習だ。

f:id:megstyle39:20190813011059j:plain

 

1日に3回、鏡を見て笑う。

 

これは、

2018年のメグミさんの目標

のひとつだ。

 

megstyle39.hatenablog.jp

 

実を言うと去年、

辛気臭い顔をしていることが

多くなってしまっていた。

 

そこで、

「1日に3回、鏡を見て笑いましょう。」

という目標設定をいただいたのである。

 

当時、

卑屈の極み乙女。だったメグミさんは、

「笑えんし。」

なんて可愛げのない返事をしたが、

彼はひるまなかった。

 

「笑顔は慣れです!!」

 

お...おぅ...。

クリアに言い切ったな...。

そして、彼の笑顔もクリアだ。

 

あまりにクリアに言い切ったので、

メグミさんは信じてみることにしたんです。

 

というか、「とりあえずやってみよう

と思えたんです。

 

鏡を見て」というのが、

結構ポイントなんですよ。

 

正直、鏡は得意じゃない。

苦手、と言っても良い位。

 

でも。

鏡を見て」なんですよ。(くどい。)

 

1日3回笑う」ために、

メグミさんは3パターンの笑顔を考えた。

 

 

①口をとじたまま、微笑む。

 いわゆる、微笑ってやつだ。

  

②口を少しあけて、

 かわいい笑顔(自分比)を作る。

 

③スマイル全開。

 

 

どうだろう。

 

これなら、

1度で「3回笑う」をクリアできるし、

3パターンの笑顔を取得できる。

1石3鳥じゃないか。

 

笑顔は慣れ」も、

まんざら嘘じゃない気がしてきた。

 

はじめは気持ち悪いほど

ぎこちなかった笑顔も、

割と自然にできるようになってきた。

割と、だけど。

 

鏡に向かって笑うのは、

「愛想笑い」とは別物だから

ストレスは溜まらない。

 

逆に言うと、「鏡を見て3回笑う」が

できなくなってきたら、

ココロが疲れてきているな、と気付く。

そんな目安にもなったりする。

 

老若男女問わず、仏頂面しているより、

笑っている顔の方がかわしいし素敵。

 

この間、いつも仏頂面の子が

笑ってるのを見かけて、

「あ、笑ったらかわいいじゃん!」

って思ったもの。

 

そんなわけで、あなたもやってみません?

1日3回、鏡を見て笑う。

 

今より更に魅力的になること請け合いですよ。

 

笑う違いだけど、

 懐かしいわね、この映画。

 

 

 よろしければ、こちらの記事もどうぞ。 

megstyle39.hatenablog.jp

megstyle39.hatenablog.jp

megstyle39.hatenablog.jp

 

*応援クリックplease!*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村