ミドルエイジのメグミさん。

メグミさんが日常を気ままにつぶやきます。

スポンサーリンク

読書。石田ゆり子さんの「天然日和」。

  f:id:megstyle39:20190315053917j:plain

 

「C'est Joli(セ・ジョリ)

 ここちいい毎日」 に続き、

石田ゆり子さんの「天然日和」を読んだ。

 

megstyle39.hatenablog.jp

 

 

天然日和」は、2006年出版で、

石田ゆり子さんが32才の時。

 

WEBマガジン幻冬舎での連載に、

書きおろしエッセイが加わった本である。

 

エッセイというか、日記のような感じ。

  

32才の石田ゆり子さんが、

どんなことを感じ、思っていたのか。

 

とても興味深く読めた。

 

 

このブログは主に、

ミドルエイジ、アラフィフについての

モロモロを書いているので、

天然日和」から”年齢を重ねる”ことと、

おばさん”についての部分をピックアップしてみる。

 

 

私は、

年をとるって素敵なことだと思う。

人生が顔に出るということは、

自分の顔を本当の意味で自分で作っていけるということだから...。

 

P13より

 

なるほど。

”自分の顔を本当の意味で自分で作っていける”か。

 

そういう考え方もできるわね!

と、目から鱗

 

 

次は辛口。

案内された席のすぐ隣に、うるさいおばさんのいるグループがいた。

 

私はいつも思うのだが、おばさんってどうしてうるさいのだろう?

 

あんなに大きな声ださなくても...。

というよりも、きっと、

女の人が成長しきった行く末には、

おばさま」と「おばさん」があるのだと思う。

 

うるさくて、

言葉の選び方も何だが品がなく、

人の話を聞かないのが、おばさん、なんだと思う。

 

P24より

 

おばちゃんは

どうしておばちゃんなのだろう。

女ではなく、

おばちゃんという人種があると、

思わずにはいられない。

 

P37より

 

これね、

キツい表現にみえるかもだけど、

的を得ていると思う。

 

自分も気をつけたいわ。

 

 

ちなみに、2つ目の

「おばちゃんという人種があると、思わずにはいられない」の方は、

ゆり子さんの垢すり体験が書かれていて、

こちらは「おばちゃんはたくましい、強い」というニュアンスの内容につながる。

全て悪い意味ではない。

 

 

日本の社会は、どうしても、若い人たちに有利にできているように思う。

それもまだ、

子どものような10代、20代。

 

自分が30を超えてやっと気がついたのだが、人間が年を重ねて発する光こそが、本物だ。

 

若さの持つ、神様が与えてくれた天然の光ももちろん素晴らしい。

でも、その人が歩んできた時間が育む、オリジナルな輝きは、

はは~っとひれ伏すばかりの地合いに満ちている。

 

P48より

 

”その人が歩んできた時間が育む、オリジナルな輝き”。

 

年齢を重ねることも悪くないってことを、

上手に表現するなぁ。

 

アラフィフになった

今の石田ゆり子さんを見ていると、

説得力がある。

 

***** 

 

f:id:megstyle39:20190315052657p:plain

出典元:http://illuminaters.com/archives/1510


 

石田ゆり子さん。

 

癒し系のほんわりしたイメージが強いかもしれないけれど、

好き嫌いがはっきりとしていて、

自分の考えもしっかりと持っていて、

そんなにふわふわした方ではないと思う。

良い意味で。

 

奇跡のアラフィフと騒がれても、

多分ご本人は、

地に足がしっかりついているだろう。

 

 

今回は

偏ったピックアップをしてしまったけれど、

本全体を通して読むと、

実に様々なことが書いてある。

 

すごく正直で率直で、

共感したり、

気付かされることも多かった。

 

 

新しい本ではないけれど、

今読んでも十分な内容。

 

むしろ、

あぁ、32才の頃こんな風に考えていて、

今のゆり子さんになったんだな、

という見方もできる。

 

天然日和2 旅と小鳥と金木犀

読んでみたくなった。

 

 

 

megstyle39.hatenablog.jp

megstyle39.hatenablog.jp

megstyle39.hatenablog.jp

 

*応援クリックplease!*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村