ミドルエイジのメグミさん。

メグミさんが日常を気ままにつぶやきます。

スポンサーリンク

ナチュラルと手抜きは違うのよ!とアラサー男性A氏は言った。

f:id:megstyle39:20190515105145j:image

 

どんな経緯だったか忘れたが、

話が"ナチュラルな女性"に進んだ時、

アラサー男性A氏は言った。

 

A氏については、こちらで。

「女性は見た目」だけじゃないと、マジメに思った話。 - ミドルエイジのメグミさん。

 

ナチュラルと手抜きは違うのよ!

 

若干、力がこもっていた。

プチ力説だ。

 

うん、分かる。

ナチュラルと手抜きは違うよね。

 

なんとなく、わかる。

 

でもホラ、

自分(女性)の思う

"ナチュラルと手抜き"と、

アラサー男性視点の

"ナチュラルと手抜き"は違うかもしれない。

 

だから聞いてみた。

「どう違う?」と 。

 

大体の内容をまとめると、

以下の通り。

 

男性視点から見たナチュラルとは、

(アラサー男性A氏から見た

ナチュラルとは )

 

すっぴんではなく

 ナチュラルメイク。

 

自然なヘアスタイルだが

 手入れが行き届いている。

 

自然に眉が整えられている。

 

ムダ毛処理されている。

 

大体こんな感じ。

 

 

では、手抜きとは。

 

要するに概ね、

上に挙げたことの反対だ。

 

すっぴんをナチュラルと言い張る。

 しかも素肌のお手入れもおざなり。

 

髪が傷んでいる。

 

ヘアスタイルを整えず、ボサボサ。

 (ヘアカラーがプリン状態の放置も

 ここに含まれる。)

 

眉毛伸び放題。

 

ムダ毛処理しない。

 

ようするに、

お手入れを怠った状態ですな。

 

"ナチュラル"という言葉を隠れ蓑に、

お手入れを怠るだらしなさを、

 

"ナチュラルと手抜きは違うのよ!"と

A氏はプチ力説したのだ。多分。

 

ごもっともな意見だ。

 

これらを

もっと大きなくくりで見ると、

"ナチュラ"と"手抜き"の間で

圧倒的に違うのが、

"清潔感があるかないか"だ。

 

そう。大切なのよ、清潔感!!

 

そういう自分も、

お手入れが行き届いているか

と言われると、

 

アハハハハハ

と笑ってごまかしたくなるので、

できるだけ気をつけます。

 

目指すのは、

手抜きではなくナチュラ

 

 

最後に、雑誌でみた

柴咲コウさんのインタビューを。

 

実はちょっと前まで

アンチ・アンチエイジング

でした。

 

年を重ねることを否定するような考え方が好きじゃなくて。

 

でも、多忙を言い訳にしてケアを怠っていたら、肌が乾いて砂漠状態になってしまったんです。

 

単なる手抜きを

"アンチエイジングが嫌だから"

というのは違うな、と思って。

 

しっかりお手入れをした上で、

美しく自然に年を重ねたいと

思うようになりました 。

 

日経ヘルス2019年6月号より

 

必要なケアは、

ちゃんとしたいですな。

 

日経ヘルス 2019年 6 月号

日経ヘルス 2019年 6 月号

 

 

*応援クリックplease!*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村