ミドルエイジのメグミさん。

メグミさんが日常を気ままにつぶやきます。

スポンサーリンク

人前で老眼鏡をかけるのは、恥ずかしい?

f:id:megstyle39:20190516101146j:image

 

最近は、

リーディンググラス

と呼ばれるようになった老眼鏡

 

一昨年くらいにメガネ屋さんで、

リーディンググラス(老眼鏡)

を作った友人が、

エキサイトして話してくれた。

 

"メグちゃん、最近は

老眼鏡って言わないんだよ!

リーディンググラスをお探しですか?

って言われて、何のことかと思ったわ !"

 

彼女は、

そんな気遣いいらないよ

と笑っていたが、

 

きっと"老眼鏡"だと、 

""という文字ひとつで

いかにもお年寄りがかけるような

イメージなので、

ちょっとオシャンティに、

"リーディンググラス"

と呼ぶようになったのだろう。

 

メガネ屋さんの気遣いというか、

戦略というか、

時代の流れというか。

 

 

私も少し前、

リーディンググラスを買った。

雑貨屋さんでね。

 

いよいよ、

老眼鏡デビューしたわけだ。

 

気分が下がらないリーディンググラス( 老眼鏡 )を買う。 - シンプルがいいかもしれない。

 

昔は、

"あぁ、私もついに

老眼鏡をかける年になったのか"

と、気分が沈むのかと思っていた。

 

でも実際は、

別になんてことなかった。

 

老眼鏡を使わないと

見えない不便さは否めないが、

"老眼鏡をかける"ということ自体には、

抵抗も恥ずかしさもない。

 

年齢を重ねれば、

万人に訪れる自然の流れ。

 

なぜ恥ずかしがらねばならんのだ

とさえ感じる。

 

だからね、

"ああ、見えない。

老眼鏡かけなくちゃ…。"と

恥ずかしそうにかける必要なんてない。

 

必要な時は、

スマートにかければいい。

気後れなんていらない。

 

最近は昔と違って、お洒落な

リーディンググラス(老眼鏡)もあるし。

 

 

若い頃に戻りたい

って嘆く人が時々いるけど、

思ったって戻れないものは仕方ない。

 

それなら、

いかに今から楽しく、

心地良く生きていくか

を考えたほうがよほどいい。

 

年齢を重ねる⇒

マイナスイメージにつながる

ことが

減っていくと良いね。

 

よろしければ、こちらもどうぞ。

 

石田ゆり子さんの写真集が年間売上3位に。ある意味、良い時代になったものだ。 - ミドルエイジのメグミさん。

 

白髪と少しずつ和解しようと思う。 - ミドルエイジのメグミさん。

 

*応援クリックplease!*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村