ミドルエイジのメグミさん。

メグミさんが日常を気ままにつぶやきます。

スポンサーリンク

読書。10キロやせて永久キープするダイエット。

ダイエット本はほとんど読まないが、

珍しく読んだ。

 

ちらりと見かけたら、

著者がほぼ同年代、

同身長だったからだ。

 

読書。10キロやせて永久キープするダイエット。

山崎潤子(著)、海保博之(監修)

 

著者であり、

ダイエットに取り組んだのは

40代ライター業の山崎潤子さん。

 

ひとりではいつもくじける

ということで、

心理学者の海保博之先生

アドバイスをもらいながら

実践した模様が綴られている。

 

ダイエットは辛いから続かない、辛いダイエットは続かない。

f:id:megstyle39:20190911151558j:plain


 数々のダイエットを試し、

一旦痩せてはリバウンドを繰り返してきた

山崎潤子さん。

 

体重を減らすために、

食事制限を厳密にしたり、

猛烈に運動を頑張ったりしてきた。

 

当然、

ダイエットとは、

我慢するモノ、辛いモノ

のイメージ。

 

ここで心理学、海保先生の出番。

 

『あまりにも急な目標を掲げると、

 我慢したり、無理をして辛くなる。

 

 ダイエットは一生続ける生活習慣。

 

そう、ダイエットとは

生活習慣の改善なのだ。

 

目標体重まで

頑張って体重を落としても、

元の生活に戻れば体重も戻る。

 

下手したらリバウンド

前より太ってしまうこともアルアルだ。

 

この本のダイエット方法。

f:id:megstyle39:20190911153505j:plain


 

海保先生のアドバイスは、

 

・自分と向き合い

・考え

・実行する。

 

①まずは自分の現状把握から。

 何を食べて、どんな生活をしているか。

 自己分析する。

 

②そこから、ダイエットするために、

 改善できる点を考える。

自分に合った方法をみつける)

 

③そして実行する。

 それが生活習慣となる。

 

目標は、ほんの少し気をつければ

続けることができる位の

簡単なことにするのがポイント。

 

それを習慣にしてしまうのだ。

 

著者は、食べたモノをすべて

書き出していたが、

個人的にはこれについては

全面的には賛成しかねる。

 

(レコーディングダイエット

 とかもあるけれど)

 

すべて書いていると、

たしかに意識は高まりそうだが、

高まりすぎて常に頭の中が

ダイエットのことばかり

なってしまいそうだからだ。

 

この辺はご自身のココロや調子と

相談のうえでの方が良いかなと。

 

簡単な運動習慣は、

ぜひとも取り入れたい。

 

時間をかけて体重を落としていく。

f:id:megstyle39:20190911152838j:plain

 

ダイエット

 

結果がみえてこないと、やる気が...

となりがちだけど、

 

ゆっくり時間をかけて

体重が落ちていく方が

リバウンドしにくい。

 

すぐに痩せたい、結果が欲しい!

 

そう思っちゃうんだけどね。

 

でも、海保先生のおっしゃる通り、

ダイエットって実は一生続くモノで、

ようするに生活習慣の改善なのだ。

 

ちょっと食事を意識して、

運動習慣を取り入れる。

 

ちなみに著者は、

2年かけて10キロ落としている。

 

1週間で5キロやせた!!とか、

無理だから。

 

そういう痩せ方は、

万が一できたとしても

健康的じゃないし、

キープできないから!

 

 

ダイエットに関する意識を変える

という点では、

この本は読んでみても良いかも

しれません。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村