ミドルエイジのメグミさん。

メグミさんが日常を気ままにつぶやきます。

スポンサーリンク

素朴な疑問。連休が増えると、皆は嬉しいんだろうか。

f:id:megstyle39:20180917200741j:plain

 

日本人は、普段仕事を休まない。

というか、休めない。

 

だからというのもあり、

年々、連休が増えている。

 

メグミさんは、連休がすごく苦手だ。

 

どうなんだろう、

世の中の方々は、連休が増えるのは嬉しいんだろうか

と素朴な疑問を抱く時がある。

 

で、考えてみた。

連休のメリットとデメリット。

 

 

メリット

 

・カレンダー通りの休日の仕事なら、休みが増える。

月給の場合は、単純に考えればラッキー。

 

・カレンダー通りの休日の仕事なら、家族全員が揃う機会が増える。

 

 

デメリット

 

・どこも混雑する。

 

特に車での移動は渋滞する。

 

例えば、普段1時間で着く場所に、3時間かかったりする。

2時間余分に時間がかかって疲れるうえに、目的地での滞在時間も短くなる。

 

旅行や宿泊料金が高い。

 

料金が高くなるのは仕方ないのかもしれないけれど?、宿泊の予約をとるのも大変そうだ。

 

医療機関が休みになるので、体調が悪い人は不安になったり、困ることがある。

 

更に、連休前後の病院は激混みする。

患者さんの待ち時間も負担だが、職員の方も大変そうな気がする。

 

*****

 

メグミさんがザクッと考えるとこんな感じなんだが、どうだろう。

 

普段仕事を休めないから、

ずっと家でゴロゴロして過ごせるわ~!という方は嬉しいよね、きっと。

 

だがしかし。

カレンダー通りのお休みじゃない方も多いわけだ。

 

例えばアパレルなんかだと、

連休といえばセールだ。

 

セール準備に追われ、連休中は稼ぎ時。

 

ショップスタッフは休んでる場合じゃない。

きっと休めないだろう。

 

素人考えながら思うのは、

必要なのはむやみに休日を増やすことじゃなく、もう少し休みを取りやすい社会の仕組みじゃないだろうか。

 

具体的な案を提出しろ!!って言われても困るけど。

そんなんできたら、政治家になってますわ。

 

無理矢理連休を増やさなくても、自分の好きな時に、必要な時に、休みが取れる社会と職場内の雰囲気。

 

そうしたら、連休ごとの異様な混雑も、渋滞も緩和して、貴重な休みにわざわざ疲れることもなくなるのでは?

 

だけど年末年始や、お盆休みは、その時期だから意味があるのか...。

 

中国の春節も、毎年すごいことになるしね。

 

中途半端にマジメなこと書いちゃったわ。

だって、素朴に疑問だったのよ、連休が増えると嬉しいのかな?って。

 

週末も連休よ!

megstyle39.hatenablog.jp

megstyle39.hatenablog.jp

megstyle39.hatenablog.jp

 

*応援クリックplease!*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村